親切が足りない

ええ、もちろんありがたいとは思っているんですよ。

ただその親切心はもう一つ何かが足りないから、本当に申し訳ないけど、いまいち嬉しく感じられないんです。

狭い道でのすれ違い、余裕のある場所で待っててくれてありがとう。ただ貴方の後ろにはもう一台車が来てるんです。待ってるから早く来いって睨まれても、貴方の横まで行けても後ろの車をかわせないんです。私が待っているところですれ違うしかないんです。私をへたくそだと思う気持ちはよーく解ります。私も同じ思いですから。

それと、贅沢を言わせてもらうとヘッドライトを消してください。動く気が無いということをしっかり意思表示してほしいってこともあるし、第一すごく見辛いんですよ。間に人がいた日にゃあ、怖くて動けません。

セルフレジでもたもたしていた挙句、順番を譲ってくれてありがとう。プレッシャーを与えてしまってごめんなさい。でも最初から普通のレジに並んだ方が早いと思うんですよ。私は10秒くらいで済ませましたけど、これは慣れの問題だし、私の後ろでまたもたもたするくらいなら、並びましょうよ。

駐車場の案内のおじさん、体を張ってくれていつもありがとう。でも、おじさんの立ち位置が微妙で、ぶつけてしまいそうで怖いんです。まず自分の身を守るようにしてくれると良いと思います。それと、向こうからきている車はスポーツタイプだから、おじさんが考えているよりも速いですよ。早く行けって棒を振られても、ちょっと無理です。

貴重な情報をサイトで公開してくれてありがとう。おかげで困った問題も解決できそうです。ただ、サンプルコードがうまくコピーできなかったりするんです。ええもちろん、タイプし直すとか成形することなんて大した手間じゃあありません。情報を提供してくれるだけで十分ありがたいです。ええもちろん。

 

俺も気を付けようっと

記事を共有:Email this to someoneShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
taquinoy

taquinoy について

ネットワークサービスやビジネスのことや食い物のことや憤慨していることや、もしかしたら誰かの何かの役に立つかもしれないようなことを掲載しています。
カテゴリー: Monologue パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です