ピンクペッパー

これは必需品ではないかと。

調味料としてはコショウの一種だが、植物としてはウルシ科サンショウモドキ属だそうだ。ちなみに、山椒はミカン科サンショウ属であるから、あっちにもこっちにも受け入れられていないようだ。色は濃いピンクでむしろレッドペッパーと呼びたくなるが、御存知の通りRED PEPPERは赤唐辛子を指す。

ついでに脱線すると、グリーンペッパーは熟す前のまだ緑色をしているコショウのこと。塩漬けの物と乾燥したものがある。白コショウや黒コショウほど固くはなく、指で押しつぶすこともできる。また、RED PEPPERの緑色のもの、つまり未熟な赤唐辛子をさすこともあり、さらにはピーマンを指すこともある。

ざて、このピンクペッパーの使い方なんだが、ぶっちゃけ単純に料理に散らす。綺麗だし風味があるし、噛んだ時の感触も含めてちょいと高級感が出る。これがいい。

騙されたと思って試してみてみて。

記事を共有:Email this to someoneShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
taquinoy

taquinoy について

ネットワークサービスやビジネスのことや食い物のことや憤慨していることや、もしかしたら誰かの何かの役に立つかもしれないようなことを掲載しています。
カテゴリー: Food and Cooking パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です