あの人はやっぱり馬鹿なのかしら

報道ステーションというニュース番組の中でコメンテータをやっている人のこと。

恵村順一郎なる人物で朝日新聞の論説委員だそうなんですが、地頭が悪いとしか見えない。俺自身はこの番組について熱心な視聴者ではないし、他にやることが無ければ観る程度。もしくは、何かの事件をどう偏向報道するかに興味があれば観る程度だが、まあ、観る時は必ず1度か2度はツッコミを入れざるを得ない。

何が何でも反日、反自民党の姿勢を貫くあたりとか、そろそろ限界に来ているはずなんだけどね。いわゆる慰安婦問題についても朝日新聞が誤報を認めたにもかかわらず「慰安婦問題は消す事が出来ない歴史の事実だ」とか言っちゃう。だから、無かったんだってば。100歩とか1000歩とか譲った表現をしたとしても、事実だと証明できないんだってば。慰安婦は事実かも知れないけど、慰安婦問題は事実じゃあないって話をしてるんだよ。朝日新聞がそう言ってるんだよ。

現実を理解できない、これを馬鹿と言わずしてなんと言うべきか。

さて、実は反日発言だけじゃないんです、このお方の地頭が悪いというのは。

例えば、以前から危険と言われている場所で何らかの事件や事故が起こったとすると、危険回避のための手立てがどんなにとられていようと、「やはり政府がちゃんとした対策を取るべきですね」と必ず政権の批判に持っていく。こういう思い込み自己主張型コメントが高じたのか、神戸の事件では直前のVTRで容疑者について以前から不審な言動が多く地元では有名だったと放映されたにもかかわらず、こうした事件をなくすために必要なのは「不審者の情報を共有する」だの「不審者が目立つようにする」だのとしたり顔で述べちゃう。まさかそんな事件を起こすとまでは思わなかったとか色々な事情はあるんだろうけれど、不審者の存在が知られていても起きてしまった事件なんです、これは。

相手の話は聞かないし持論を曲げない。これって、頑固なUFO研究家と同じレベルじゃないか。バラエティ番組で笑いを取るためのキャスティングじゃないか。あ、そうか。つまり番組名から「報道」という冠を外しちゃえばいいんだ。そんでもって未確認情報とか不思議編集動画とかに特化した番組を…って、番組構成は今まで通りでいいわけだね。

誰も矢追さんをバッシングしないのだから、この方もバッシングしてはいけないのかなあ。

記事を共有:Email this to someoneShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
taquinoy

taquinoy について

ネットワークサービスやビジネスのことや食い物のことや憤慨していることや、もしかしたら誰かの何かの役に立つかもしれないようなことを掲載しています。
カテゴリー: Monologue パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です