黙って座ればピタリと当たる

高島易断総本部を開設した易者 高島象山 なる人物のキャッチフレーズである。

本当に占いでそんなことができるのか、と言うとできっこない。とはいえ、何らかの疑問に対しての解答を得るという意味では占いは全否定されるものでもないだろう。似非科学やオカルトを含めて占いってなんだろうと考えてみた。

まず占いがどういう類のものかについて確認がてら分類してみた。

  1. 統計学
    過去から綿々と蓄積されてきたある種の統計に基づき、対象の特徴や情報を元に将来を予想する。たとえば占星術では誕生時の星の配置に基づき、どの惑星がどの星座の位置にあるかによりその人の運命を見定める。たとえば手相や顔相では手の皺の配置や顔のパーツの配置により、こういうパターンであればこんなタイプが多いという統計で分析や推測を行う。生年月日を用いたり、名前の画数を用いたりするものも同じく統計学的な占いだ。
    易者としてはこれらのパターンの特徴を正しく読み取り、記憶あるいは記録をもとにして占いを実行する。昨今言われているビッグデータのようなものではあるのだが、元となるデータと導き出そうとする予測との関係性が乏しいため、科学的とは言い難いわけだ。
  2. 深層心理(あるいは潜在意識)
    何らかのツールを用いることにより、深層心理が可視化できるようになるというもの。最も有名なものはダウジングロッドであろうし、コックリさん(海外にもウィジャボードというものがある)も典型的な例であるが、これらだけではまだまだ占いの領域とは言えない。
    タロットカードは22枚あるいは78枚から無作為に数枚程度のカードを選んで並べることにより占いとしている。これについて私は、カードを選択する際に深層心理が働きかけ、そこから意識に上って来ない心の片隅にある将来予測を読み取るものと考えている。易者はカードの扱い方とそれぞれのカードが持つ意味を学びつつ、複数枚のカードが並んだ状態をどう読み取るかの訓練を重ねることになる。
  3. インスピレーション
    もっともらしい理由が付けられないのだが、要するにヒラメキに基づくものである。水晶玉を覗き込んだ際に見える模様(いつも同じ模様のはずだが)を読み取ってみたり、貝殻や宝石をばらまいてみたり、何かしらのネタをベースに易者の不思議な能力により見通すということだ。
  4. 複合技
    あえて説明しなくても良いだろう。上記の1~3を組み合わせたものだ。八卦占いであれば多数の筮竹を用いて現れたパターンから将来を読むものなので、2と1を組み合わせた占いであろうと考えている。

私が勝手に立てた理論ぽいものに基づいているので、恐らく異論がたくさんあるだろう。議論を重ねて真理を見出す対象でもないので、異論は異論として一緒に並べておけばいいかと思う。

実はもう一つ、占いに関する重要な手法が存在する。サンプルを作ってみた。

易:もし信じられないのでしたら料金は結構です。私の質問には正直にお答えください。悩み事があるんですね。
客:はい。
易:お子さんのことでしょうか。
客:いえ、子供はおりません。
易:では、ご家庭のことですね。
客:いえ、結婚はしておりません。
易:親御さんから結婚しろと言われませんか。
客:いえ、親は死にました。
易:そうですか、それでわかりました。
客:と言うと?
易:親御さんが貴方のことを心配していらっしゃるんです。
客:でももう亡くなっていますが。
易:親御さんが私に伝えてきているんです。
客:え、何を。
易:貴方が一人で頑張ってきたことを です。普通に結婚し家庭を持たせられずに悲しんでいます。親御さんに伝えたいことがおありでしょう。
客:親孝行できなくてごめんなさい と。
易:伝わってますよ、ちゃんとご供養なさってください。
客:気持ちが晴れました、ありがとうございます。
易:はい、では料金5千円ですが、よろしいですね。それとこれ、ご供養のパンフレットをお渡ししますね。本当はお墓を新しくしてあげるといいんですけれど。

かなり極端な感じにしておいたが、ありえなくもないだろう。ポイントとしては、「易者は大したことを言っていない」ことだ。まあ、年配の方であれば「子供」「仕事」についての悩みが何かしらあるものだし、年配までいかなければ「結婚(結婚願望、結婚相手、結婚生活)」「金銭」で悩んでいない人はいない。若い人が相手であれば「恋愛」ネタだけで100%いける。予想外に発展した場合の対応方法と相手の顔色を見ることができれば、後は話術ということだ。

実際にお客さんがスッキリしてくれるのであればこれはこれでもいいだろう。占いに関しては、将来を予測するというだけではなく、精神の安定を得るというカウンセリング的な側面もあるからだ。深層心理的にポジティブになれば未来も良くなってくるだろうと思うからだ。

私、タロットカード占いを少々かじってまして、これはやっぱり当たると信じておりまして…

記事を共有:Email this to someoneShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
taquinoy

taquinoy について

ネットワークサービスやビジネスのことや食い物のことや憤慨していることや、もしかしたら誰かの何かの役に立つかもしれないようなことを掲載しています。
カテゴリー: My Way パーマリンク

黙って座ればピタリと当たる への1件のフィードバック

  1. 池田敏江 のコメント:

    お金助けて下さい。支援本当にお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です