ownCloud導入準備

レンタルサーバの容量が100GBになったので、ownCloudを入れたくなった。

最初はそれだけのことだったんだ。

まずownCloudがサーバに要求するスペックを確認する。ふむ、PHPのバージョンが5.4推奨となっている。これはまあ最近であれば当然なんだけれど、最近サイトをいじっていない身としては嫌な予感がしてくる。

自分にとってこれが意味するところと言えば…

  1. サーバ自体はPHP5.4に対応しており、単純に選ぶだけ。
  2. 既に導入済のPHPアプリについても、5.2⇒5.4の移行なら大きな問題はないはず。少なくとも経験済だからクリアできるはず。
  3. 我がXoopsCubeサイトはMySQL4だしEUC-JPだし、MySQL5.5は遠くて話にならないので、DBはSQLiteで逃げる。
  4. PHPを5.4に上げると、MySQLは自動的に5.5になるというレンタルサーバの縛りがある。

なので、うん、駄目だ。XoopsCubeとownCloudが両立しない。

もう一度ポイントのみに絞って確認しておこう。

  1. ownCloud導入のため、サーバのPHPバージョンを5.5に上げる。
  2. XoopsCubeがデータベース(MySQL4)にアクセスできなくなる。

本来はPHPとMySQLを繋ぐ部分であるソケットを何とかすべきなんだが、サーバの「コントロールパネル」にも仕掛けがあるようで、MySQL4とPHP5.5とは両立しないようになっている模様。

ふむ、いかにして逃げるか。

サーバに複数バージョンのPHPをぶっこめれば良いわけなんだな。てことで検索してそのものズバリな有用な情報が得られた。ありがとう、今日もインターネットは役に立ちます。

他のPHPアプリはと言えば、dfgalleryとOpenPNEがある。あるけど試しただけで使ってない。もし本気で使うことになったとしてもバージョンアップが必要になるだろうし、だったらその時に最新版を入れ直した方が良いだろう。うん、あきらめよう、むしろ削除しよう。

かくしてサーバのデフォルトPHPを5.4に上げてXoopsCube用のみをPHP5.2で運用して行くことに決まった。

上述したありがたい情報に従い、/usr/local/phpの下からPHP5.2のバイナリをXoopsCube用ディレクトリの辺りにコピー。.htaccessファイルにactionとAddHandlerの2行を追記。

どうということもなくサクッと動く。

ちょっと脱線というか補足しておくと、さくらインターネットには国外IPアドレスフィルタという機能があって、これによって制限されるアクセス先のうちPHPについては「^php[0-9]?([\.\-]cgi)?$」というものになるとのこと。つまり、php54.cgiのように数字2文字だと保護されなくなるということのようだ。

これにて一件落着なり。

 

記事を共有:Email this to someoneShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
taquinoy

taquinoy について

ネットワークサービスやビジネスのことや食い物のことや憤慨していることや、もしかしたら誰かの何かの役に立つかもしれないようなことを掲載しています。
カテゴリー: IT and IS パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です