自民党感じ悪いよね

いや、あの、なんでしょうかね。116時間30分の委員会審議を経た安保関連法案、自民党の「強行採決」に対して民主党がプラカードを掲げて抵抗したんですと。その内容が「強行採決反対」「アベ政治を許さない」「自民党感じ悪いよね」って。なんだ、法案のどこが悪いという話じゃないのね。116時間30分だもんね、主義主張が異なるから相容れないけれど、議論はし尽くしたという理解でいいんだよね。全部の質問に回答されたんだよね。ね。ね。

相変わらずのマスゴミや民主党。

この法案が通ると戦争ができるんだと言う。うん、戦争をしたくてたまらない人にとってはそう見えるのかもしれないね。僕ら普通の人たちにとっては、どんな法案が通ろうが何だろうが戦争なんかする気はありませんから。どこかの誰かに襲われたら困るから自衛の力は持ちたいと思ってるし、友達が襲われているのに見て見ぬ振りをしてはいけないと最近思うようになっただけだ。

集団的自衛権については隣国である中国韓国が反対の意を示している。中国は侵略的行動を継続中だし、その相手側に日本が加勢するのが嫌なんだ。そんなこと言われても困るし一切共感できるところはないが、言ってることは理解できる。韓国は謎。日本も韓国も米国との相互条約を持っているのだから間接的に味方なわけでしょう。北朝鮮との間では今でも戦争中なのだし、論理的に考えればむしろ賛成すべき立場のはずだが。不思議の国は置いておいて、賛成の意を示している国はと言うと、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ASEAN各国、コロンビア、ブラジル、メキシコだとか。国際社会の多数決でも可決されるところだ。

そういえば多数決のことなんですが。最近は「民主主義は多数決じゃない」というのが一部マスゴミでは流行のようで。ふむふむ、なんぞそれ。実現不能なマニュフェストを掲げて圧倒的な多数を取り、選挙前には言ってなかった法案を通しまくってたら、確かにそれは民意を反映した多数決ではないわな。民主党政権下の当時に指摘していれば見直してあげることができたのに。3年間の民主党政権では強行採決が21回もあり、現安倍政権では1回だというネット情報がある。鵜呑みにして信じてはいないが、さもありなん。なんせ与党でありながら審議拒否までやってのけたツワモノだし。マスゴミ的には審議時間がゼロであっても与党民主党には「強行採決」という言葉を使わなかったしノーカウントみたいだけど。


てことで、先日テレビを観ていて笑ったこと。安倍さんがネット放送か何かでたとえ話を始めた。「友達の麻生君がガラの悪い人に絡まれていたら僕も一緒に対応したいと思う」。スタジオにいた普通に見える人がこの発言に問題があると言う。麻生君の方がガラが悪そうだしそうそう負けそうもない。ツッコミどころはそこしかないとワクワクして発言を待った。ところが普通に見えたけど実は変な人は予想外のことを言う。「まだ何もしていないのにガラが悪いからって突然横から殴りかかるのはおかしい、そういう法案は通すべきではない」。

いやいやいやいや。何もしてないんじゃなくて絡んでるんじゃん。突然じゃなくて前からいたやんけ。横からじゃねーし、むしろ正面からだし。そもそも全く全然ちっとも殴りかかってない。合っているのは「ガラの悪い人」というところだけだし、たまたま理解し易いように使った言葉だから本筋とは関係ない部分だ。日本語が解らない人かもしれないけれど、同時に提示されていたイラストを見ても解るはずじゃん。要するに、珍妙な揚げ足を取って嘘を並べて反対するしかないほどこの法案は素晴らしいということなの?

どういう審議がなされてきたかという事実を知るためにこそマスコミがいて欲しいと心の底から思う。ネジ曲がった反対論ばかり聞かされるもんだから、本質的な課題みたいなものが逆に見えなくなってしまう。説明不足だの極論だの詭弁だのって言うのなら、正しく説明すべきは貴方達じゃないのか。ネットにあふれている真偽不明の情報の方が常に真っ当で正しいってどういうことよ。

記事を共有:Email this to someoneShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
taquinoy

taquinoy について

ネットワークサービスやビジネスのことや食い物のことや憤慨していることや、もしかしたら誰かの何かの役に立つかもしれないようなことを掲載しています。
カテゴリー: Monologue, Stupid パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です